2017年02月16日

昭和アニメ/ドラマ第107弾<ブーフーウー>


懐かしの昭和アニメ/ドラマを紹介します。
私の子供時代に夢中になって遊んだ懐かしの面子(メンコ)のコレクションを
画像でお見せします。
第107弾<ブーフーウー>です。
『ブーフーウー』 (Boo Foo Woo)は、1960年(昭和35年)9月5日から1967年(昭和42年)3月28日
までNHK総合テレビで放送されていた着ぐるみによる人形劇。
西洋の昔話の『三匹の子ぶた』を題材に、その後日談という設定で、メキシコ風の舞台設定に、
長兄のブー、次兄のフー、一番下でのウーという3匹の子ぶたと、彼らを食べようとするオオカミの絡む
コメディ風の物語。
放送の途中でオオカミと子ぶたたちは仲良くなった。また、ユーモラスなゆうれいや、かわいいがわがま
まなインコのペロちゃんなどの脇役もあり、子供たちに人気を博した。
番組は進行役のおねえさんがかばんの中からブーフーウーのぬいぐるみを取り出して、舞台の上の子ぶた
たちの小さな家の前にセットすることから始まる。
壁に取り付けられた大きなハンドルを廻してネジを巻くと、舞台の上で三匹がギニョール(操り人形)によって
動き始める。ここから場面は着ぐるみに変わるが、この変化は実際にぬいぐるみが動くように見えたため当時の
子供たちを不思議がらせた。
オオカミはビスケットが大好きで、よくおねえさんにビスケットをもらっていたが、この場面は小さな人形のオオ
カミと大きな実物のおねえさんのやりとりであり、オオカミでさえかわいい存在だった。
番組終了で子ぶたたちはおねえさんによってカバンにしまわれた。
ブー 声 - 本野麻耶 → 大山のぶ代操演 - 東京放送児童劇団の小学生。 3兄弟の長男。
ぶつぶつと文句が多く、ブーブーと愚痴をこぼすぶつぶつ屋。
のちに大山のぶ代はドラえもんの声優として有名。
フー 声 - 三輪勝恵操演 - 東京放送児童劇団の小学生。3兄弟の次男。
弱虫で、すぐくたびれてフーフーというくたびれ屋。
ウー 声 - 黒柳徹子操演 - 東京放送児童劇団の小学生。
3兄弟の三男。何事にも一生懸命で、ウーウーと頑張るしっかり者。
のちに黒柳徹子は徹子の部屋などで有名となった。現在も現役で活躍中。
ブーフーウーの歌はこちら。
https://youtu.be/sXD8i7clgUc




posted by アニメおもちゃ at 12:29 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。